あず

千葉県在住、あずと申します。 このブログでは、私が実際に行った古墳や博物館や美術館、本で読んだりした日本の古代史などについて書いています。 2022年、東京国立近代美術館で開催された「民藝100年」の展覧会を見て、民藝にも興味が出てきた今日この頃。 主に、焼き物・うつわについて書いています。 カメラ:iPhone11Pro CANON EOS M3

木更津市郷土博物館金のすずで「金鈴塚古墳」の副葬品「金の鈴」を見学してきました

木更津市には「金鈴塚古墳」という、古墳時代後期の古墳があります。 金鈴塚古墳は、前方後円墳だったようで、発掘調査が行われたときには、前方部はすでになくなっている状態で、後円部分しか残っていなかったよう ...

茅野市尖石縄文考古館に行ってきました(土器などの紹介)

長野県にある「茅野市尖石縄文考古館」に行って、国宝の「縄文のビーナス」、「仮面の女神」を見学してきました。 尖石縄文考古館には、国宝の土偶以外にも、面白い形をした土器がたくさん展示してあります。 縄文 ...

茅野市尖石縄文考古館で『縄文のビーナス・仮面の女神』を見学してきました

先月、4月16日、長野県茅野市にある「尖石縄文考古館(とがりいし)」で、国宝の土偶「縄文のビーナス」と「仮面の女神」を見学してきました。 国宝土偶ほか、面白い土器がたくさんあり、少し小さめの博物館なが ...

群馬県立歴史博物館で「綿貫観音山古墳」の副葬品を見学してきました(副葬品見学)

埴輪を見学し終えたあと、古墳の中に残されていた副葬品を見学していきたいと思います。 綿貫観音山古墳は、前回の記事にも書きましたが、発掘調査が行われるまで、運よく盗掘などに合わず、6世紀後半からいまに至 ...

群馬県立歴史博物館で「綿貫観音山古墳」の副葬品を見学してきました(埴輪見学から)

先日、NHKで放送されていた番組「ミステリアス古墳スペシャル」に出ていた古墳「綿貫観音山古墳」を見学してきました。 綿貫観音山古墳は、群馬県高崎市にある前方後円墳で、形の長さ約97m、墳丘9.6m、築 ...

栃木県益子町にある「濱田庄司記念益子参考館」で民藝にふれる(2号館)

今回は、前回の記事の続き、2号館を見学していこうと思います。 濱田庄司記念益子参考館の2号館は、濱田庄司が蒐集していた「西洋の工芸品」が展示されています。 3号館は、東洋の工芸品と、地域ごとに展示され ...

栃木県益子町にある「濱田庄司記念益子参考館」で民藝にふれる(1号館)

東京国立近代美術館で開催された「民藝100年」の展覧会を見てから、日本の民藝品に興味が出てきたあずです。 民藝とは、柳宗悦が中心となって始めた運動「民藝運動」からなる言葉で、日々の生活で使われている物 ...

新潟県に興味を持つきっかけとなった「新潟市歴史博物館・みなとぴあ」へ行く

2月20日から一泊二日、新潟市内を観光してきました。 かなり突発的な旅行でしたが、それぞれどこへ行きたいか、事前に決めて、観光をしてきました。 私がリクエストした場所は「新潟市歴史博物館・みなとぴあ」 ...

札幌市埋蔵文化財センターで縄文時代の出土品を見学してきました

2月5日、札幌に住んでいる友達に頼んで、札幌市埋蔵文化財センターへ行ってきました。 札幌市埋蔵文化財センターは、札幌市中央図書館に併設されている施設で、入場料は無料、札幌市周辺から出土した土器や石器、 ...

縄文人が農耕をしていたというのは本当?(考古学講義という本を読んで)

考古学講義という本にある第2講「縄文時代に農耕はあったか」を読んでいて、衝撃を受けました。 リンク 何が衝撃的だったかというと、タイトルにもあるように「縄文人が農耕をしていた」ということです。 縄文時 ...